言語

Language not available Language not available Language not available

この投稿はあなたの言語ではご利用できません。他に以下のような選択肢があります:

Twitchのアジア・太平洋諸島系アメリカ人月間に参加しよう

May 1 2021

「アジア・太平洋諸島系アメリカ人月間」は年に一度、一ヵ月間に渡って開催される、様々な文化やサブカルチャーの祭典です。アジア・太平洋諸島系アメリカ人(略してAPIまたはAAPI)のコミュニティは規模が大きく、ひとつの枠組みで定義したり、表現したりすることはできません。それが最もよく表れているのが、ここ、Twitchです。そこで今年の5月、私たちはAsian Pacific American Heritage Monthを「アジア・太平洋諸島系アメリカ人月間(Asian & Pacific Islander Month)」に名称変更して、APIコミュニティやその遺産をライブ配信で体現している世界中のAPIクリエイターを祝福することに決めました。アジア・太平洋諸島系アメリカ人がTwitchやゲームシーン、文化に与えた影響は決して看過できるものではありません。

そして現在、世界で起こっていることを考えれば、これはアジア・太平洋諸島系アメリカ人コミュニティを支援する絶好の機会でもあります。

一ヵ月間に渡ってTwitchの内外で40名以上のアジア・太平洋諸島系アメリカ人のクリエイターとコミュニティに注目するイベントに私たちと一緒に参加しましょう。アジア・太平洋諸島系アメリカ人ならではの体験をTwitchにもたらしてくれている彼らの配信を、ぜひこの機会に体験してみてください。また、LIONS SHAREによる初開催となるLION AWARDSなど、一ヵ月間に渡って様々な特別番組が配信されますので注目です。

すべては5月1日から始まります。参加者およびそのライブ配信時間は以下のとおりです(※日時はすべて太平洋標準時)。

 

The Weekly // Icons - 木曜日午前11時(太平洋標準時) /twitchgaming にて

5月は毎週、アジア・太平洋諸島系アメリカ人のストリーマーを/twitchgamingThe Weeklyに招待して、ゲームシーンにおける彼らの存在やアジア文化を紹介し、彼らが直面する困難について話を聞きます。

Game Changers - 5月14日午前9時(太平洋標準時) /twitchgaming にて

2021年5月14日AM9:00~PM9:00(太平洋標準時)の12時間に渡るイベントでAAPIクリエイターに注目し、彼らのチャンネルを紹介して、その過程で新たなクリエイターにもスポットライトを当てます。参加者はそれぞれ50分間に渡ってソロで配信を行い、最後の10分間に指定された次のストリーマーが配信に参加して、一緒にインタビューやトークを行います。その後、そのクリエイターが50分間に渡ってソロの配信を行い、再び最後の10分間に次のクリエイターが参加する形で、次々と“バトン”を渡していきます。これはAAPIコミュニティの多様性を披露する配信リレーマラソンであり、インタビューやトークを通してコミュニティの結束を高めるものです。

The LION AWARDS - 5月21日~23日午後4時(太平洋標準時) /lionsshare にて

初開催となるTwitch限定のピープルズ・チョイス・アワードを視聴しましょう。この番組ではアジア人クリエイターに注目して彼らを祝福し、アジアの体験の多様性を取り上げ、AAPIコミュニティを支援する501(c)3登録団体であるHate is a Virusのための募金活動を行います。The LION AWARDSではEugene Lee Yang、LilyPichu、MC Jinなどの有名人のオールスターキャストが審査員として登場し、幕間には料理やコスプレ、ダンス、ファッション、メイク、社会活動などの様々な分野の優れたタレントたちがパフォーマンスを披露します。

 

AAPIコミュニティに対する暴力についてのオープンダイアログ

見逃していた方のためにお伝えしておきますが、5月3日にパネルディスカッションを開催して、Allyson Toy (イベントモデレーター、Twitchアーティストリレーション&アジアンギルドリード)、Justin Kan (Justin.tv創設者)、Sue Lee (Twitchシニアストラテジックアカウントマネージャー、esportsホスト)、Kevin Lin (Twitch共同創設者)、mxmtoon(アーティスト、Twitchクリエイター)が各地のあらゆるAAPIコミュニティの脅威となっている暴力行為の増加についての意識を高め、コミュニティとして行動を起こすことについて語りました。この模様はVODでいつでもご覧いただけます。

これらのクリエイターやコミュニティの素晴らしさをすべての人々に披露する、安全で楽しい体験を作り出すことが私たちの目的です。ただし、露出が増えることで荒らしや嫌がらせの被害を受ける可能性があることも理解していますので、アジア・太平洋諸島系アメリカ人月間のイベントに参加する全クリエイター向けにモデレーターツールやベストプラクティスなどを紹介するセッションをご用意しています。また、クリエイターが支援を必要とした場合のために、問題をエスカレートさせる明確な手順も導入しています。

今回のイベントで取り上げるコンテンツ以外にも、アジア・太平洋諸島系アメリカ人クリエイターを支援してヘイト行為と闘って社会に変化をもたらす方法をいくつかご紹介しておきます。

アジア人のクリエイターにスポットライト - このブログでおすすめのクリエイターのリストを掲載していますが(チームページはこちら)、Raidやホスト、コラボなど、私たち独自のやり方でサポートできるクリエイターは他にも大量に存在します。プロフィールページで「おすすめのストリーマー」をカスタマイズできることもお忘れなく。あなたのダッシュボードでホストリストを編集して、お気に入りのアジア人のクリエイターを取り上げましょう。

支援の声をあげよう - お気に入りのストリーマーを応援したり、Prime Gamingのサブスクを利用するだけでなく、Twitchの多くのクリエイターやコミュニティメンバーが体験しているアジア人に対する暴力についても声をあげましょう。

チャリティーの募金活動 - Twitchのコミュニティは過去にも共通の目標を中心に行動を起こし、大きな支援活動が可能であることを何度も示してきました。Tiltifyでは、アジア・太平洋諸島系アメリカ人コミュニティを支援している組織が豊富に存在します。また、チャリティー配信のクリエイターキャンプでベストプラクティスやヒントをチェックするのもお忘れなく。このリスト内にあなたが支援したいと思うチャリティーが見つかりませんか?charity@twitch.tvでお知らせいただければ、私たちがTiltifyと協力して追加されるようにします。

追放するだけでなく、報告する - 人種差別、ヘイト関連行為、嫌がらせはTwitch、ソーシャルメディア、その他どこであろうとも容認されていません。Twitchのコミュニティガイドラインに違反してコミュニティやクリエイターに害を及ぼそうとするユーザーに対して私たちが対処できるように、そのようなユーザーは報告してください。報告せずに追放しただけでは、Twitchは事実を把握することができません。

自分はアジア・太平洋諸島系アメリカ人コミュニティの一員であると思う人も、そうでない人も、私たちと一緒に問題について学び、その認知度を高め、寄付活動に参加したり、意見を述べてみたり、私たちが取り上げるクリエイターの配信をチェックしてみてください。今月はもちろん、一年を通して力を合わせて、啓もう活動に取り組みましょう。

Twitch

その他のニュース